≪予告≫10月5日(土) 静 岡 浅 間 神 社 で 「 大 神 楽 祭 2019」 が 開 催 さ れ ま す。

10月5日(土)、伝統文化・芸能の聖地:静岡浅間神社舞殿にて「大神楽祭2019」が開催されます。(雨天は翌日に延期)

 

☆神楽とは=神楽の語源は、カムクラ(神座)、カミガカリ(神憑り)などからきています。祭りの場に神を招き、舞を奉納することで邪気を祓い、又は豊穣を感謝する伝統芸能です。 静岡市の山間地にも、各地で特色のある神楽が伝えられています。

 

令和元年の大神楽祭は特に次の点に注目です。

①静岡市内から、井川神楽保存会、梅ヶ島新田神楽保存会、清澤神楽保存会が出演します。

②神楽保存会と、SPACの夢の共演が実現しました!

③静岡県中部地方の神楽として、平成26年3月に「国記録選択無形民俗文化財」となった県内各地の神楽保存会・梅津神楽保存会・川根本町徳山古典芸能保存会・笹間神楽保存会 がゲスト出演します。

④女性や子供が新たな担い手として、大神楽祭の舞台上で躍動します。

また、浅間神社の境内では(オクシズ演劇祭 10/5,6)と、(オクシズつながろうマルシェ 10/5,6)や(平成安倍の市 10/5)も開かれ、昔ばなし劇場と自慢の品や食べ物等のお店も並びます。是非お出かけ下さい。詳しくはちらし、静岡市・文化財課HPをご覧ください。

 

文化財課HP  web