4月1日(木)徳川家康が平和を目指し築城した「駿府城の東御門・巽櫓の展示」が生まれ変わります。

 

 

 

現在、駿府城「東御門・巽櫓」は、3月31日(水)まで、閉館いたしております。

 

徳川家康が築城した駿府城の巽櫓は平成元年(1989)、東御門は平成8年(1996)に、寛永12年(1635)の焼失後、江戸時代の修復記録を基に、日本の伝統的な木造建築工法により忠実に復元されました。

東御門、巽櫓内の常設展示は、平成8年(1996)の開館以来、来館者に親しまれてきましたが、今回初めての本格的な常設展示リニューアルとなり、来年4月の新しい展示は、駿府城のルーツから現在に至るまで、最新の調査成果を反映しながら「駿府城の一生」を語ります。またグラフィックや体験コンテンツもさらに充実させ、小学生にも駿府城の歴史をわかりやすく紹介されます。

 

 

 

 

 

今後の展示情報や製作の様子などはこちらからご覧にいただけます。ご期待ください。

http://www.shizuoka-bunkazai.jp/castle-info/

 

 

 

2023年春には駿府城公園の隣に静岡市の歴史博物館が開館します。

 

こちらの博物館では豊富な実物資料を活かした「今川氏」に関する展示や、徳川家康公の生涯を象徴する二領の甲冑の復元模造品を柱に「家康の一生」が紹介されます。また近世の東海道や駿府城下町、また近現代の静岡についても学ぶことができます。来年春、一足先にリニューアルする東御門・巽櫓はこの歴史博物館の分館として位置づけられます。今後、ますます充実する駿府城エリアに期待が高まります。

 

 

 

今後の歴史博物館の情報はこちらからご覧にいただけます。ご期待ください。

http://www.shizuoka-bunkazai.jp/project/

 

お問い合わせは、▶ 静岡市役所 歴史文化課 ☎054- 221-1569