「鬼は外、福は内」の節分も過ぎました。暦の上ではもう春です。

2月3日(日)静岡市内のあちこちの神社やお寺では「節分祭」の行事が行事が行われました。今年は平成も区切りの年ということと日曜日に重なったことから、境内は福を求めて多くの人たちで賑わいました。この頃は街中では「鬼は外、福は内」の声を聞くことも少なくなりましたが神社やお寺では久しぶりに聞くことができました。寒い日は続きますが、梅の花も咲きだしています。もうすぐ春です。


2月3日(日)静岡市葵区慈悲尾(しいのお)の増善寺の節分祭の豆まきの様子。


静岡浅間神社では、市の無形文化財に指定されているおにやら棒で戸板を叩く追儺式が行われました。「鬼」と書いた戸板の4面を鬼に見立て、神官の太鼓や鐘の音を合図に梅とねこやなぎの枝を麻糸で束ねた「おにやらぼう」で一斉に叩き鬼を追い出しました。

その後豆まきがありました。