「Go To  キャンペーン」  於 静岡浅間神社 

7月10日、国土交通省は「Go To キャンペーン」を発表

 

観光庁は国内旅行の需要を喚起する「Go To トラベル キャンペーン」事業を、7月22日から実施すると発表した。

 この事業は、新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた業界を支援する目的で,観光割引を連休前の今月22日に開始するとするものである。

 それによると、既に予約済みの分も含み対象となり、後日その割引相当額を還付する。新規の予約に関しては、27日以降、準備が整った事業者から割引価格での販売が開始される。

 しかし、首都圏などで新型コロナウイルス感染が拡大する中での「見切り発車」の観による懸念もあり、県外客を呼びこむ雰囲気ではないという消極的な意見や、検討や調整が必要であるとの声もある。

  • 観光庁が発表した今回の事業内容(一部)

Go To トラベル事業の概要

〇 国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相応額を支援。

〇 支援額の内、7割は旅行代金の割引に、3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。

〇 一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)。

〇 連泊制限や利用回数の制限なし。

<換言すると>

1 旅行代金の半額は自己負担

2 残りの半額を国が支援(一泊:2万円、日帰り:1万円が上限)

 〇 その内の7割を旅行代金の割引

 〇 残りの3割をクーポン配布

  • 1枚千円単位で発行する商品券。お釣りなし。(千円未満は四捨五入)
  • 支援額の3割を地域共通クーポンとして利用者に配布。
  • 地域の観光組合や観光地域づくり法人(DMO)・商工会等を通じて、地域の店舗の参加・登録を呼びかけ。
  • 事務局で一括発行し、旅行代理店や宿泊施設で配布。

 

「Go To キャンペーン」を受けて

an・an(アンアン) 静岡浅間神社を取材

 an・an(アンアン)の発行元である㈱マガジンハウスは、アンドプレミアム編集部のエディターを静岡に派遣してきた。「Go To キャンペーン」の対象先となる静岡の一連の名所旧跡を取材して回る一環で静岡浅間神社に立ち寄った。国を挙げての大掛かりな事業であるだけに、取材には、静岡市総務局の広報官や観光新興係の責任者も同行していた。

 キャンペーン開始日の7月22日付け発行のan・an(アンアン)に記事として掲載予定とのことで、静岡浅間神社を観光案内している駿府ウエイブの名もこのヤングなレディ向けの雑誌に載せてもらえるようだ。機会があればごご覧いただきたい。

  静岡浅間神社の広報担当ともいえる神職の方の案内で、神部(かんべ)神社、浅間(あさま)神社、大歳御祖(おおとしみおや)神社の三本社を中心に説明を受けた。当神社は千古の昔より崇敬され親しまれている。

 特に社殿に特徴があり、大拝殿は富士山をイメージしているというだけあって壮大な造りで、彫刻は信州諏訪の立川流一門が携わり、総漆塗りで極彩色豊かな仕上げがほどこされている。蟇股や木鼻に至るまで彫刻され、それぞれに含蓄あるメッセージが込められているという。

大拝殿西側回廊から神部神社、浅間神社の本殿を望む