静岡県立美術館で『 め が ね と 旅 す る 美 術 展 』2019年1月27日(日)まで開催中です。

見る・観る・視る・診る・・・と「みる」の意味は幅広く、「みる」ことの意味を考えることは現代社会について考えることと同じことになります。遠近法とレンズを用いた江戸のめがね絵から鉄道、飛行機、顕微鏡、望遠鏡といった科学技術の発達によってみることができるようになったミクロ/マクロの世界や視覚のトリックを用いたユニークな現代アートやVR(バーチャルリアリティー)といったモチーフを通じ、視覚に対する探究の跡を辿ります。詳しくはチラシをご覧ください。