お 待 た せ し ま し た 。駿 府 城 登 城 記 念 に『 御 城 印 』を ど う ぞ 。

徳川家康の隠居城ということで「三つ葉葵」の家紋がデザインされていますすが、朱印ではなく緑色というのも珍しいですね。天然木を使用した、全国でも珍しい御城印になっています。書き置きですが、ちゃんと日付が入っています。通常の和紙を用いた御城印の他、和紙の代わりに静岡市内の木材加工事業者協力のもと、地元静岡のヒノキを使用した突板(つきいた)に、徳川家康公の家紋「三つ葉葵」をあしらった御城印の2種類をご用意しました。1枚500円(税込)で、駿府城公園内にある東御門・巽櫓、坤櫓、紅葉山庭園の各施設入場券販売窓口で購入できます。なお和紙版は1枚300円(税込)で販売されています。天然木を使用した御城印は、全国でも例が無く、御城印の元となる静岡産・合法木材証明のヒノキ材の調達から、薄くても割れない、地場産業である突板の技術まで、全て静岡県産にこだわり、駿府城の完全オリジナルな御城印です。ヒノキの香りもお楽しみください。詳しくは駿府城公園HPをご覧ください。

駿府城公園HPweb