もうご覧いただけましたか? 静岡市美術館で「古代エジプト展」3月31日まで開催中!

 

静岡市美術館で開催中の古代エジプト展へ行ってきました。

世界で最も古い国立博物館の一つであるオランダのライデン国立博物館所蔵のコレクションから、厳選された約250点が展示されています。

 

 

見どころのひとつは、 10 点の棺( 4 セット 8 点の棺と覆い2点)の立体展示。これだけの棺を一堂に展示する機会は国内で他に例がなく、圧巻です!

 

                                                     
                                                      ホルの外棺 後期王朝時代     

                                                   
また本展に出品の人間と動物のミイラの中から最新のCTスキャン技術で調査を行い、その成果をデジタル画像処理した映像が世界初公開されていますのでお見逃しなく

 

神々の像、貴重なパピルス、石碑、装飾品などから、3000年にわたり繁栄した古代エジプトの世界を感じられるかもしれません。

 

                                  

      猫の像 後期王朝時代                                               イクニューモン 後期王朝時代

 

ライデン国立古代博物館 All images©Rijksmuseum van Oudheden (Leiden, the Netherlands)

 

 

従来のエジプト展とは一線を画した新たな展覧会となっています。是非この機会に静岡市美術館を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、展示室内の混雑緩和のため日時指定制を導入しております。ご来館の際は、事前に静岡市美術館HP(https://shizubi.jp/)より日時指定予約をお願いします。混雑状況により、予約がない方はご入場いただけない場合がございます。

 

静岡市美術館ホームページweb