今、エジプトには行けませんが、しずびに「古代エジプト展」がやってきました。3月31日(水)まで。

しずび初の文明展・「古代エジプト展」が3月31日(水)まで、静岡市美術館で開催されています。世界で最も古い国立博物館の一つ、オランダ・ライデン国立古代博物館は、ヨーロッパの5大エジプト・コレクションで知られています。本展ではその質・量ともに優れた古代エジプト・コレクションより、人や動物のミイラや棺、石碑、貴重なパピルスなど約250点を厳選し、3000年にわたり繁栄した古代エジプトの世界を展観します。
また同館の長年の調査研究で明らかになった古代エジプト人の生活や社会、死生観などを紹介します。圧巻の展示!12点(5セット10点の棺、覆い2点)の棺が一挙集合します。さらに、本展に出品されるミイラをCTスキャンし、その成果をデジタル画像処理した映像で世界初公開するなど、最新の科学技術による、当時の人々の医学的な知識やミイラ作りの過程、色やかたちに込められた美意識なども解き明かします。

静岡市美術館では新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、入場者数の上限を設定しております。

展示室内の混雑緩和のため、日時指定制(web予約)を導入しています。詳しくはチラシ、HPをご覧ください。

 

 

 

 

 

静岡市美術館HPweb