日本平山頂「 日 本 平 夢 テ ラ ス 」は、オープン1ヵ月足らずで来場者10万人を超えました。

年間30万人を想定していた日本平山頂「 日 本 平 夢 テ ラ ス 」はオープン1ヵ月足らずで11月26日(月)来場者が10万人となりました。日本平夢テラスは、静岡県と静岡市が日本平山頂に一体的に整備し、2013年に世界文化遺産に登録された富士山を正面に、眼下には構成遺産となった「三保松原」、たおやかな駿河湾、伊豆半島、御前崎や静清平野など360度の眺望を楽しむことができます。日本平からの快適な眺望と歴史的・文化的価値をお楽しみください。 展望回廊は標高300.5mにあり、1周約200mの八角形の形状をしており、静岡市内で産出された「オクシズ材」を使用しています。

             撮影日は雨模様でしたが、オープン以来、特に土日祝日は多くの来場客で賑わっています。

シンボル施設からの富士山の眺望ですが、あいにくの天気で富士山は見ることができませんでした。 

 展望回廊からは今まで、山頂からは見ることができなかった、葵区、駿河区方面の風景も楽しめます。


吟望台も新装され、樹木も剪定され駿河湾、伊豆半島、御前埼方面まで眺望が広がりました。