藤枝郷土博物館・文学館で「 藤 枝 発 ! 駿 河 の 幕 末 維 新 」展が開催されています。

平成31年1月20日(日)まで。今年は明治から150年・・・静岡藩を動かした旧幕臣の活躍を御存じだろうか・・・・  慶長3年(1867)10月14日徳川慶喜は朝廷に大政を奉還し、その12月に朝廷は王政復古の大号令を発します。でも承諾出来ない旧幕軍は鳥羽伏見で戦いを始めますが惨敗をしてしまいます。一方で振り上げたこぶしを降ろせぬ官軍は、江戸に向けて錦の御旗を掲げ行軍を開始し、そこへ駆けつけ徳川慶喜公の命の嘆願をするのが高橋泥舟から依頼をされた義弟・山岡鉄舟の「駿府談判」へと繋がるのです。舞台は「駿府府中」静岡駅近くの・・・伝馬町・松崎屋・・・西郷隆盛と山岡鉄舟の息詰まる談判の始まりです。


藤枝郷土博物館・文学館が大事な明治維新の功績者を取り上げて下さいました。勝海舟・高橋泥舟・山岡鉄舟・渋沢栄一・伊佐新次郎岑満(みねみつ)・松岡萬(つもる)
また期間中の、いろんなイベントも楽しみです。皆さまも是非、お出掛け下さい。