6月30日(日)、静岡浅間神社で『夏越大祓式』『茅の輪くぐり』の神事がおこなわれました。

6月30日(日)、静岡浅間神社で「夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)」・「茅(ち)の輪(わ)くぐり神事」並びに「大祓特別祈祷」が行われました。
大祓とは、知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、心身の穢れを祓い清めるための神事です。1年を2つに分けて、上半期にあたる6月30日と、下半期の終りの大晦日に執り行ないます。特に6月の大祓は、『夏越大祓』といって、これから迎える厳しい夏を無事息災に過ごせるようにと祈るものです。浅間神社の茅の輪は直径5メートルあり、全国屈指の大きさを誇ります。雨が降ったり止んだりの生憎の天候でしたが多くの人で賑わってました。