観光ボランティアガイド 駿府ウエイブ

グランシップ『 高 松 宮 妃 の お ひ な さ ま 展 』2月17日(土)から3月3日(日)まで開催中です。

 

ひなまつりは、女の子の無病息災と健やかな成長を祈る伝統文化、世代から世代へと大切に伝承されてきました。

 

「高松宮妃のおひなさま展」は、徳川慶喜公の孫にあたられる高松宮妃喜久子さまがご成婚のお支度として

お持ちになった京雛を、ひなまつりの時季にグランシップでお披露目しています。

 

幅5.9m、高さ3.6mの大きさながら、雅な佇まいの雛人形、実際と違わぬほど精巧に作られた約600点の調度品。

美しく華やかなおひなさまをご覧ください。

 

今回は、グランシップ開館25周年を記念して、江戸時代から現代の郷土人形を展示する

「にこにこ人形展~全国各地の郷土人形~」も同時開催!

日本人形文化研究所・林直輝さんがセレクトした全国各地の郷土人形からにっこり笑顔がかわいらしい人形が大集合。

素朴な造形と個性豊かな表情が魅力の郷土人形は、見る人をにこにこ顔にしてくれます。

 

併せて、静岡市の伝統工芸で全国でも有数の産地である雛具や雛人形を、未来へ受け継いでいけるよう、

現代のおひなさまも同時展示。

 

毎回楽しみにされている方も多い富士宮本町商店街振興組合レディース会のみなさんによる

華やかでかわいらしいつるし飾りがみなさんをお迎えします。

 

グランシップ高松宮妃のおひな様展のHPはこちら。