『 古 代 ア ン デ ス 文 明 展 』が 静 岡 県 立 美 術 館 で 開 催 さ れ て い ま す。

スカ、ティワナク、インカ・・・代表的な9つの文化から約200点の資料を展示。

南米大陸、現在のペルーとボリビアを中心とした地域で、16 世紀まで展開した、多種多様な文化を総 称して、古代アンデス文明と呼びます。巨大な地上絵を残したナスカ文化(紀元前 200 年頃~後 650 年頃) や、壮観なマチュピチュを築き上げたインカ帝国(15 世紀前半~1572 年)が、とりわけ著名です。これら の遺跡が物語るように、独自の世界観や宗教、そして高度に発達した技術を持っていたことでも知られ、 現代でも多くの人々の関心を集めています。 展覧会では、ナスカ、モチェ、ティワナク、シカン、インカなど代表的な 9 つの文化から、厳選さ れた約 200 点の資料を展示し、古代アンデス文明の全体像を明らかにします。人や動物を象ったユニー クな土器、まばゆい黄金製品、色鮮やかな織物、そして独特な死生観を物語るミイラなどを通じ各文化 の精華と悠久の歴史≪アンデス文明の集大成の展覧会≫をご堪能ください。7月15日まで。詳細はチラシ、静岡県立美術館HPをご覧ください。

静岡県立美術館HPweb