観光ボランティアガイド 駿府ウエイブ

企画展「走れ!しずてつ」 静岡市歴史博物館 3階企画展示室において9月1日(日)まで開催中です。

走れ!しずてつ

ー Keep running!  Shizutetsu ー

 

静岡の地域交通を担ってきた静岡鉄道。

地元では「しずてつ」と呼んで親しまれてきました。

 

明治時代、静岡のお茶を清水港から輸出するため、

集積地の安西から清水港を結ぶことを目的に建設された静岡鉄道。

 

近代化に伴って町が大きくなっていくと、路面電車が開通して、

静岡と清水の二都市間をつなぎ、人々を運ぶ静岡鉄道が形作られました。

 

令和の現在、すでに路面電車は姿を消しましたが、「しずてつ」は今も静岡と清水を結んでいます。

 

毎日の通勤・通学の足として、

そして、お町にお出かけするときのワクワク感を乗せて

走り続けてきた「しずてつ」。

「しずてつ」の歩みを通して、特に高度成長がもたらした

人々の暮らしや街の景観が大きく変貌した静岡の歴史を探ります。

 

 

静岡市歴史博物館HP