日本遺産シンポジウム『 駿 州 の 旅 』のパネルディスカッションが、7月11日(日)開催されます。

 

藤枝市、静岡市にまたがる東海道に点在する2峠8宿をつなげるストーリー

「日本初 旅ブームを起こした弥次さん喜多さん、駿州の旅」が、昨年6月に文化庁から日本遺産に認定されました。

 

認定1周年を記念して、日本遺産を生かした地域づくりに関する講演と、

各宿場で地域づくりに取り組む方々によるパネルディスカッションが行われます。

 

日時:令和3年7月11日(日)14時~16時
会場:葵生涯学習センター(アイセル21) 静岡市葵区東草深町3番18号

 

参加希望の方は事前申込みが必要です。リーフレットを印刷、必要事項を記入し、

FAX:054‐285-9614でお申込みください。

 

お問い合わせは 054-221-1310 

駿州の旅日本遺産推進協議会事務局

(静岡市 観光・MICE推進課)

 

 

 

 

 

 

五十三次の宿場の内、静岡市には蒲原、由比、興津、江尻、府中、丸子、藤枝市には岡部、藤枝と8宿がありました。

滑稽本『東海道中膝栗毛』の各宿場の抜粋と浮世絵木版画『東海道五十三次』を東からご紹介します。

WEB版 日本遺産・200年前の東海道旅物語『弥二さん喜多さん、駿州の旅』はこちらから。