日本遺産認定記念『弥次喜多と行く 東海道五十三次』が東海道広重美術館で11月14日(日)まで開催。

 

日本遺産認定記念『 弥次喜多と行く 東海道五十三次 』が11月14日(日)まで静岡市東海道広重美術館において開催されています。

 

 

弥次郎兵衛と喜多八を主人公に二人の珍道中を書いた十辺舎一九の滑稽本『東海道中膝栗毛』は享和2年(1802)の初編刊行から続編も含め、21年にも渡り書き続けられた長編の大ベストセラーです。

 

この膝栗毛のヒットは江戸時代の旅ブームの火付け役となり、人々の旅への興味関心の高まりは後の広重の浮世絵版画「東海道五十三次」へと繋がっていきます。

 

展覧会では広重が手掛けた二つの東海道シリーズ、『東海道五拾三次之内』(保永堂版東海道)と『東海道』(隷書東海道)の浮世絵版画と共に膝栗毛の物語をたどっていきます。

 

弥二さん喜多さんとともに江戸時代の東海道を旅してみましょう。

 

 

Part1 東海道五拾三次之内[保永堂版東海道]  9月14日(火)~10月17日(日)

Part2 東海道[隷書東海道]         10月19日(火)~11月14日(日)

 

 

静岡市東海道広重美術館HP