観光ボランティアガイド 駿府ウエイブ

東海道広重美術館において「 い ろ い ろ 魅 せ ま す 五 十 三 次 ! 」1月22日(日)まで開催中。

 

歌川広重の代表作と言えば何といっても『東海道五拾三次之内』(保永堂版)でしょう。

 

実は広重はこの代表作以外にも20種類以上の「東海道五十三次」のシリーズ作品を手掛けたといわれています。

 

展覧会では広重が手掛けた東海道シリーズ10種の内、

Part1(~12月11日[日])では人物が主体の『五十三次』(人物東海道)、

Part2(12月13日[火]~1月22日[日)では狂歌が画中に詠みこまれた『東海道五拾三次』(狂歌入東海道)を大展示室にて全宿場の作品をそれぞれの会期で一挙公開。

 

さらに小展示室では『東海道五十三次細見圖會』(Part1展示)、『東海道張交圖會』(Part2展示)といった変わり種の東海道五十三次のシリーズを紹介します。

 

東海道広重美術館のHPはこちら。