観光ボランティアガイド 駿府ウエイブ

芹沢美術館で独特な文字作品を取り上げた「 芹 沢 銈 介 の 文 字 」9月23日(金・祝)まで開催中。

 

芹沢銈介の仕事の中でも人気の高い「文字表現」に焦点を当てた展覧会を開催中です。

祖父や父の影響で若い頃から書を得意としていた芹沢は、30 代から型染の道へ進み様々な題材を手がけました。

その中で文字は大きな位置を占めており、のれん、着物、屏風などの代表作には、

漢字やひらがなを取り上げたものが数多く見られます。

 

芹沢の文字作品は広く一般に広がり、芹沢を代表するテーマとなりました。

躍動する芹沢銈介の文字作品100点を取り上げています。芹沢銈介の文字の世界をどうぞお楽しみください。

 

後半の展示室3室では、芹沢銈介が集めた朝鮮民画を特集します。

芹沢の作品にも影響を与えた「文字図」や「文房図」など、優れた朝鮮民画コレクションをどうぞお楽しみください。

 

芹沢銈介美術館のHPはこちら。