来年・令和3年『丑の大絵馬』が12月13日(日)、静岡浅間神社に掲げられました。

12月13日(日)、静岡浅間神社・大拝殿前に『令和3年「丑」の大絵馬』が掲げられました。絵馬は縦3メートル、横2・5メートル。常葉大造形学部2年生の学生9人が1カ月半ほどかけ仕上げました。雪化粧をした富士山や梅の花とともに白黒の牛2頭と春を告げる紅梅の花が描かれています。絵馬は来年1月末まで掲示されるそうです。
静岡浅間神社ではコロナ感染防止対策として参拝客同士の「密」を避けるため、初詣の前倒しや年明けも期間を延ばすなどして来場者に分散参拝への協力を呼び掛けています。