義元公生誕五百年・紙芝居「すごいぞ!今川義元公」の上演は多くのお客様に喜んでいただけました。

紙芝居の実演は、昨年10月に巽櫓でスタートしました。メンバーは事前に何度も練習して、それぞれ担当の日を迎えました。お客様は来てくれるのか、楽しんでもらえるのかと心配することしきりでしたが、駿府城公園内諸施設のスタッフやガイド当番の皆さんの強力なバックアップを得て、土日祝日の九日間午前中2回ずつで計189名のお客様にご覧いただくことができました。県の内外、老若男女様々でしたが、「楽しかった、分かりやすかった」「今川義元を知ってはいたけど紙芝居を見てよくわかった」「義元のイメージが変わった」などの感想が寄せられました。

巽櫓を皮切りに、静岡商業高校同窓会&井の宮町内会合同ウォーキングでは、スタート前に体育館でパワーポイントを使って上演。100名近い方が見てくださいましたが「ウォークで臨済寺にも寄るので参考になった」と喜ばれたそうです。また山崎町内会のバスツアーでも演じさせていただきました。この時は野外で行ったので昔ながらの紙芝居の風情が醸し出されました。最近では師走ウオークの到着点〝登呂遺跡” で披露しました。この後は、谷津山周辺ウオークでも上演予定があります。グループで紙芝居の上演をご希望の方は、駿府ウエイブまでご連絡ください。